FC2ブログ
topimage

2019-11

ブガッティ タイプ35B - 2015.07.10 Fri

Bugatti Type 35B
bugatti-35b-1b.jpg
エットーレ・ブガッティの作品のなかで、もっとも有名なタイプ35は量産レーシングスポーツカーとして大成功を収め、世界中を驚嘆させた傑作。それはエットーレの独創性から生まれ、レーシングカーの持つ機能美を徹底的に追求し、各部品の調和まで考え、自動車を芸術ともいうべき造形に変えた・・・タイプ35は美しいだけではない・・・ブレーキドラムと一体鋳造したアルミホイールや運動性能の高いシャシー設計などメカニズムの点でも大いに注目された。
タイプ35Bは、1924年から30年までつくられた35シリーズのなかでもスーパーチャージャーを装備した高性能モデル。(トヨタ自動車博物館より)

タイプ35Bでヒストリック・モータースポーツを楽しむ・・・


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




スポンサーサイト



ラ・フィナーレ - 2015.03.25 Wed

Bugatti Veyron La Finale
bugatti-veyron-10b.jpg
ブガッティ・ベイロン ラ・フィナーレ
今月初めに開催されたジュネーブモーターショーにおいて公開された、『ヴェイロン』の最後の1台、「ラ・フィナーレ」(La Finale)
bugatti-veyron-12b.jpg
中東の顧客がオーダーした1台。リアスポイラーに、「La Finale」の文字が添えられている。
bugatti-veyron-11b.jpg
もともとヴェイロンは、限定450台のみを生産する計画。その内訳は、クーペボディが300台、オープンボディの「グランスポーツ」が150台・・・そして今回その450台目が「ラ・フィナーレ」

その「ラ・フィナーレ」が、ファクトリーから送り出される模様をすてきな動画でご覧下さい。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




強調文

サーキットの宝石 - 2014.10.04 Sat

Bugatti Type 35
bugatti-type-35b-1b.jpg
ブガッティ・タイプ35・・・エットーレ・ブガッティによる独創的な設計で、量産レーシングスポーツカーとして大成功を
収め世界中を驚嘆させた傑作モデル
1926年のグランプリ・チャンピオンを含む1000勝以上の勝利を記録する
bugatti-type-35b-2b.jpg

bugatti-type-35b-4b.jpg

bugatti-type-35b-5b.jpg

bugatti-type-35b-3b.jpg

Type35も多く参加していた「Grand Prix de Lyon」より


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

※アマゾンにも出店しています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

ブガッティ・ワークショップ - 2013.12.10 Tue

Bugatti Workshop
bugatti-workshop-9b.jpg
Henry Novoさんは、1929年、14才のときからブガティーで働きはじめました。
レーシングメカニックだった彼の仕事は、朝早くから深夜までとてもハードな毎日でした。
bugatti-workshop-10b.jpg
ブガッティーを所有する人たちは、今と同じくとても裕福で教養がありました。
Henryさんは、メカニックとしての腕を磨くのと同じように、彼らオーナーとのより良い関係を築くために、熱心に本や新聞を読み、悪態をついたり、低俗な言葉を使わないように注意しました。
bugatti-workshop-3b.jpg
そうして1920年代から30年代を仕事に没頭したことで、ヨーロッパ中から顧客を得て、彼の技術も向上していきました。
bugatti-workshop-6b.jpg
また女性のお客様がお店を訪問した際には、henryさんが、他の従業員とは違う身なりや応対だったのでたいへん感動されました。
bugatti-workshop-2b.jpg
その後の第二次世界大戦の間、生活は大変厳しいものでした。
bugatti-workshop-12b.jpg

bugatti-workshop-13b.jpg
戦争の後、Henryさんは仕事を独立することを決めました。
しかし、当時、車がまだ普及しておらず、また、所有していた場合も多くのお金を車には使えませんでした。
bugatti-workshop-14b.jpg
それでも、彼はパリに非常に近い場所にガレージを買いました。
bugatti-workshop-5b.jpg
そして、時代は、1960年代の中ごろに、車が増えていくと共にHenryさんの生活も楽になっていきました。
それから多くのヴィンテージカーの愛好家に助けられ、現在の「Garage Novo」は成長していきました。
bugatti-workshop-1b.jpg
Henryさんの息子Jeanは、学校を出ると航空機産業で働き始めました。
しかし、1981年、父の仕事を手伝うために帰ってきました。
bugatti-workshop-11b.jpg
Jeanさんの息子Frédéricは、1992年に会社に加わりました。
これでひとつ屋根の下のワークショップで、3世代が働くことになりました。

2002年にHenryさんが亡くなるまで、彼の知っている多くの知識や技術を孫のFrédéricに教えました。
bugatti-workshop-8b.jpg
そして、父のJeanさんは、2000年にエンジニアを引退しましたが、74歳の今もまだ店で一日を過ごします。
bugatti-workshop-4b.jpg
現在、Frédéricさんが店を経営しています。
仕事の8割りは、ブガッティー・・・1500 Delage やracing Delahayeが今もガレージに置かれています。
さんの下で働く新しい整備士(Willfridさん)は、Porscheに夢中なので、ガレージには、356や初期の911が整備に入っています。
また、時折は、ゴルディーニやフェラーリも訪れます。

お客様は、弁護士や会社経営者、パイロットなどの大変恵まれた方たちです。
bugatti-workshop-7b.jpg
彼らのワークショップは、小さいです。
そこで働いているのは二人だけ。
しかしこれまでに培われた技術を受け継ぐ彼らにかかれば、200馬力のGP Delageもこんなに良い音を響かせます
                              (画像&文は、Petroliciousより)

動画は、Bugatti Type35B


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

サーキットの宝石 - 2013.11.10 Sun

Bugatti Type35
bugatti-type35b-13b.jpg
1924年、世界史では比較的重要な年でありました。
アメリカでは、IBMが誕生し、ロシアではレーニンが亡くなり、スターリンの時代が始まりました。
西のドイツでは、ヒトラーが収監され、カール・ベンツとG・ダイムラーは、メルセデスベンツを設立しました。
bugatti-type35b-3b.jpg
一方、フランスで、2つの非常に重要なことが起こりました。
初のオリンピックの冬季大会はフランスのアルプス山脈で行われました。
そして、我々にとってもっと重要なこと・・・世界的に有名な自動車メーカー「ブガッティ」の名をもつイタリア生まれのエットーレ・ブガッティが、最新のクルマ「Type 35」を開発したのが1924年。
オープンホイールのグランプリレーサー・・・ブガッティのブランドでもっとも成功したモデル
bugatti-type35b-17b.jpg

bugatti-type35b-5b.jpg
Type 30シリーズは、直列8気筒(インライン8-シリンダー)エンジン、ボアとストロークは、それぞれ60mmと80mm、SOHCの1990cc、1気筒あたり3バルブエンジンは、レブリミットは6000RPM。
2機のSOLEXキャブレターがエンジンに燃料を供給します。
モデル中期までは、この90馬力の自然吸気エンジンで、4速のマニュアルギアボックスを介して、独創的なホイールに動力を伝えていきます。
bugatti-type35b-19b.jpg
ブレーキドラムと一体化された世界で初めてのアルミホイールを採用したのもType35
大変美しい8スポークアロイホイール。
バネ下重量を大幅に軽減し、それによる走りの良さで勝利をつかむ。
それまでは大馬力で勝つという思想が支配していたが、それを跳ね返す画期的なマシンType35
bugatti-type35b-15b.jpg
Type 35のボディーは、最も美しいグランプリレーサーの1つとして評判です。
エクステリアデザインは、これまでのブガッティモデルに比べてかなり洗練されています。
新たに採用された蹄鉄グリルは、それ以降のブガッティのデザインアイコンとなりました。
シャシーや駆動系は、このType35では、まったく新しいものとなりました。
1200mmのトレッドに、ホイールベースは、ちょうど2倍の2400mm。
bugatti-type35b-11b.jpg
前後ともソリッドアクスル、フロントは、1/2楕円型スプリング、リアは、1/4楕円型スプリングのサスペンション
bugatti-type35b-7b.jpg
エットーレのType35は、1924年8月23日にようやくグランプリデビューしました。
出場した2台の35sは最終的に7&8位でレースを終えました。レースはアルファロメオの勝利で幕を閉じました。
1925年になると、モータースポーツの世界はブガッティと彼のType 35によって揺るがされました。
この年、Type35は501勝し、ほとんどの記録を破りました。
しかしこれで終わりませんでした、エットーレのType35は、翌年からの数年間、何千ものレースに勝ち続けます。1926年は、12の大きなGPレースに優勝し、ワールドチャンピオンシップを獲得しました。
bugatti-type35b-10b.jpg
タルガ・フロリオ(イタリア・シチリアの公道レース)は、世界で最も古いレース・イベントの1つです。
1906年に創立されて、1970年代後期まで定期的に開催され、その当時のヨーロッパの最も重要なレースの1つになりました。
Type35は、1925'から1929'までの5年連続でこのレースに勝利しました。
bugatti-type35b-6b.jpg
インディ500,ルマン24Hと並んで、世界3大レースに数えられるモナコ・グランプリは1929年に初開催されました。
約2マイルのコースは、非常に狭く、トンネルもあり、また高低差もある、高い技量と集中力を要する難コースで、現在もF1-GPで使用されているコースの一部を当時も使用していました。
Type35は、1930',1931'と1933'に勝利しました。
これらの勝利の全てが比較的少ない数の車で獲得された点に留意する必要があります。
Bugatti-Type35は、35S,35A,35C,35T,と最終的な35Bのようなバリエーション(全35バージョン)の全てを含み、約300台が製造されました。(オリジナルのType35は、96台のみが製造)
(STANCE WORKSより)
bugatti-type35b-18b.jpg
エットーレ・ブガッティの作品のなかで、もっとも有名なType35は量産レーシングスポーツカーとして大成功を収め、世界中を驚嘆させた傑作。それはエットーレの独創性から生まれ、レーシングカーの持つ機能美を徹底的に追求し、各部品の調和まで考え、自動車を芸術ともいうべき造形に変えてしまった。

動画でも名車をお楽しみ下さい。


追)世界最大のブガッティコレクションといえばフランス・シュルンプコレクション
bugatti-type35b-2b.jpg

ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのビンテージモデルカーが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ガレージエイト

Author:ガレージエイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
イベント (174)
スクープ (1)
コレクション (9)
カーインプレッション (1)
はたらく車 (1)
ポルシェ (104)
シトロエン (25)
スーパーセブン (10)
チューニング (2)
その他 (67)
スーパーカー (32)
ジャガー (18)
メルセデスベンツ (10)
アルファロメオ (49)
モータースポーツ (95)
マクラーレン (7)
ランボルギーニ (21)
アストンマーチン (7)
フェラーリ (53)
ルノー (9)
アルピーヌ (15)
プジョー (4)
ミニ (15)
ロータス (8)
アメリカ (29)
BMW (22)
VW (11)
日本車 (12)
フォード (10)
アバルト (3)
ブガッティ (5)
マセラッティ (4)
フィアット (6)
フランス車 (3)
ムービー (2)
ランチア (9)
イギリス車 (14)
イタリア車 (5)
アウディ (1)
ボルボ (2)
ミニカー (1)

PR

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR