FC2ブログ
topimage

2019-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイド・バイ・サイド - 2016.09.17 Sat

Austin A30 / A35
austin-a35-2.jpg

なんともほのぼのしてしまう後ろ姿ですね。。。ミニのご先祖「オースチン A30 / A35」

戦前販売されていたオースチン・セブンの後継モデルです。
1951年から1956年に製造されたA30は 803cc、30馬力のAシリーズエンジン
その後、1956年から1959年に製造されたA35はボディサイズは一緒で エンジンが948cc 46.5馬力となりました。

A30・A35のボディサイズは、全長3.47m 幅1.37m・・・かなり小さいですね

austin-a35-1.jpg

そんなA35をベースとしたレーサー達は現在でもヒストリックツーリングカーレースで大排気量のジャガーMK2なんかを相手に大活躍しています・・・

先日開催されたグッドウッド・リバイバルでは、「St Mary's Trophy」というワンメイクレースが開催されました。
その模様を動画でお楽しみください。



ミニカーショップ ガレージエイトでは、New Eクラス・ワゴンほか、ディーラー特注モデルや、ドイツ限定などの希少モデルが入荷しています。 こちらから 

フェイスブックでは、新入荷の商品をご紹介しています・・・こちらから 

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

ベントレー・ボーイズ - 2016.07.06 Wed

Bentley Boys
bentley-boys-2.jpg

1920年代、創業者にして初代の主任設計者W.O.ベントレーの製作したクルマたちは、瞬く間に当時の英国民から熱狂的な支持を受けることとなった。W.Oは、自動車レースをテストと宣伝の場と位置づけた。大排気量であるベントレーはオーバル・コースのブルックランズや、長いストレートを持つサルテ・サーキット、つまりルマン24時間を得意にしていた。また、W.Oは、勝てるレースにだけ参加した。

bentley-boys-1.jpg

ペイ・ドライバーと呼ばれるプロを使わなかったのは、慢性的に資金不足だったからかもしれない。しかし、生まれたばかりの新しいスポーツ、自動車レースに魅了された上流階級の若者たちは、志願してベントレーに乗りたがった、という事情もあった。彼らアマチュアのジェントルマン・ドライバーたちは、やがて、「ベントレー・ボーイズ」と呼ばれるようになった。新聞は、日曜日にベントレーが勝つと、月曜日にはイギリスがドイツやフランス、あるいはイタリアを打ち負かしたかのように書き立てた。

ベントレー・ボーイズは、1923年初開催のルマン24時間レースに第一回から参加した。24年の初優勝を皮切りに、27~30年で計5回もの優勝を飾った。(文:GQ CARSより抜粋)

bentley-boys-3.jpg

現在のベントレーボーイズ・・・すてきな動画をどうぞ・・・



ミニカーショップ ガレージエイトでも、最新モデルからヒストリックモデルまでたくさんのモデルカーが入荷しています こちらから 

フェイスブックでは、新入荷の商品をご紹介しています・・・こちらから 

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

不変のオフローダー - 2016.05.15 Sun

Land Rover Defender
coolnvintage_land_rover_serie_iii_2_of_15.jpg

半世紀以上にわたって生産され、世界各国で活躍し車好きを魅了してきた「ランドローバー・ディフェンダー」の魅力は、シリーズ「I」から実用性重視の不変のデザイン、走破性によって確固たる地位を築き、「ランドローバー社」を世界随一の四輪駆動車専門ブランドに位置付けしたモデル。生産終了となってしまいましたが、次世代「ランドローバー・ディフェンダー」が復活することを待望するファンが世界中にいる名車・・・

すてきな動画もどうぞ・・・


Land Rover Series 3 - # Dare to Explore from Cool & Vintage on Vimeo.


ミニカーショップ ガレージエイトでも、最新のBMWやアウディモデルが入荷!
その他にもすてきなヒストリックモデルが入荷しています
 こちらから 

フェイスブックでは、新入荷の商品をご紹介しています・・・こちらから 

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村


80周年! - 2016.03.03 Thu

Morgan 4/4 80th
morgan-4-4-80th-anniversary-edition.jpg

モーガン4/4の80周年記念特別モデルがジュネーブ・モーターショーで公開されました。

モーガンのブースでは、新型のEV3とともに記念車が展示された。4/4のこの特別仕様車は、80台のみの限定生産となり、価格は£39,996(630万円)。

同社によると、1936年に発表された4/4は、世界で一番長く製造され続けているプロダクションカーになるという。

morgan-4-4-80th-anniversary-edition (2)

80周年モデルは、真鍮のセンターロックを備えるホイール、真鍮の外装加飾およびグラフィックス、ビスポークペイントという特別装備を与えられた。ほかにも、ボディサイドに排気口を設けたスポーツ・エグゾースト、新採用のボンネット・ストラップ、真鍮製グリルメッシュを装備する。

インテリアについては、オーナー自身の好みでパーソナライズすることができ、一台一台に製造番号のプレートが取り付けられる。エンジンは、112psを発揮する1.6ℓフォード・シグマ・エンジンを搭載し、ハンドルは左右どちらにも対応が可能・・・

オフィシャル動画、80thモデルはこうやって作られます・・・



ミニカーショップ ガレージエイトでもすてきなヒストリックモデルが入荷しています こちらから  

ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ランドローバー - 2016.01.11 Mon

Land Rover
1963-Land-Rover-109-Series-IIa-Station-Wagon-1.jpg

英国で生まれたオフロード4WD「ランドローバー・ディフェンダー」が、ついに生産終了を迎える。1948年の登場以来、デザインを一新することなく改良に改良を重ね、常に第一級の走破性と堅牢性を維持。世界の道なき道を走破してきた名車。

ebay737490.jpg

世界の四駆の歴史を変えた1台の農作業車
ランドローバー・ディフェンダーの原点は、1948年のアムステルダム・モータショーに登場したオープンピックアップだった。まだ「ディフェンダー」の名はなく、単に「ランドローバー」と呼ばれたこのモデルは、全長3.35mの小さなボディに1.6Lのガソリンエンジンを搭載し、農作業車として誕生した。当時の英国では、乗用車の販売に高額の税金が課せられ、農作業車は非課税だった。
このランドローバーは予想を覆す大ヒットを飛ばし、一躍その名を世界に知らしめた。

ステーションワゴンやディーゼルエンジンモデルを追加するなど、のちに「シリーズ1」と呼ばれるようになった初代ランドローバーは、バリエーションを拡大し、最初の10年間で21万台以上を販売。

1957年には「シリーズ2」に進化し、それまでまっ平らな鉄板だったサイドドアに膨らみが与えられた。しかし、基本的な設計は変わらず、排気量を拡大したりバリエーションを増やしたりなど四輪駆動車としての走破性と堅牢性を磨きながら、1971年まで生産された。

「シリーズ3」の登場は1971年。1979年には、1970年にデビューしたレンジローバーのV8エンジンやフルタイム4WDシステムが搭載されるなど、「見た目はそのまま。中身は最新」という、ディフェンダーの伝統が生まれる。

1983年にランドローバー110(ワンテン)が登場。110とは、ホイールベースの長さが110インチであることを表す。2ドアのショートボディはランドローバー90だ。

「ランドローバー」がそれまでの車名からブランド名に昇格し、「ディフェンダー」の名がつけられたのは、1990年のこと。

land-rover-defender-heritage-rear-end.jpg

2007年に最後の大きなマイナーチェンジが行われ、 生産終了の噂は、2000年代に入ってから何度も流れたが、そのたびにいい意味で期待を裏切ってくれたのが、ディフェンダーだった。しかし、年々高いレベルで求められるようになる環境性能や安全性能に応えるのも、そろそろ限界がきたらしい。2015年、ついに生産終了がアナウンス。総生産数は200万台超。当初、年内に終了する予定だった生産は、予想を上回る受注台数により2016年初頭まで伸びたという情報もあるが、1948年から始まった歴史に幕が下ろされるまでの時間がわずかなことには違いない。ディフェンダー(守護神)なきあとのランドローバーは、一体どのようなモデルを展開してくのだろうか?

ミニカーショプ ガレージエイトでは、このランドローバー Sr2 109モデルが入荷しています
こちらからどうぞ

すてきなショートムービーをどうぞ



 ミニカーショップ ガレージエイトでも個性的なモデルが入荷しています こちらから  

ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ガレージエイト

Author:ガレージエイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
イベント (174)
スクープ (1)
コレクション (9)
カーインプレッション (1)
はたらく車 (1)
ポルシェ (104)
シトロエン (25)
スーパーセブン (10)
チューニング (2)
その他 (67)
スーパーカー (32)
ジャガー (18)
メルセデスベンツ (10)
アルファロメオ (49)
モータースポーツ (95)
マクラーレン (7)
ランボルギーニ (21)
アストンマーチン (7)
フェラーリ (53)
ルノー (9)
アルピーヌ (15)
プジョー (4)
ミニ (15)
ロータス (8)
アメリカ (29)
BMW (22)
VW (11)
日本車 (12)
フォード (10)
アバルト (3)
ブガッティ (5)
マセラッティ (4)
フィアット (6)
フランス車 (3)
ムービー (2)
ランチア (9)
イギリス車 (14)
イタリア車 (5)
アウディ (1)
ボルボ (2)
ミニカー (1)

PR

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。