FC2ブログ
topimage

2013-12

ナローポルシェ - 2013.12.31 Tue

Porsche 911 narrow
911-1b.jpg

911-2b.jpg

911-3b.jpg

911-4b.jpg

911-5b.jpg

911-6b.jpg

911-7b.jpg

911-8b.jpg

911-9b.jpg

911-10b.jpg

911-11b.jpg

911-12b.jpg

911-13b.jpg

911-14b.jpg

911-15b.jpg

911-16b.jpg

911-17b.jpg

911-18b.jpg

911-19b.jpg

911-20b.jpg

911-21b.jpg

911-22b.jpg

911-23b.jpg

今年もお世話になりました、どうぞ良いお年をお迎え下さい・・・

おまけ・・・シンガーポルシェ

SINGER VEHICLE DESIGN - The Second Act from Silly Thing on Vimeo.



ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのポルシェモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




スポンサーサイト



BMW E9  - 2013.12.30 Mon

BMW 3.0 CS & CSL
bmw-e9-1b.jpg

bmw-e9-2b.jpg

bmw-e9-3b.jpg

bmw-e9-6b.jpg

bmw-e9-7b.jpg

bmw-e9-4b.jpg

bmw-e9-5b.jpg

bmw-e9-8b.jpg

bmw-e9-9b.jpg





ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのBMWモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


モンスター メルセデス - 2013.12.29 Sun

Mercedes Benz 300SEL 6.3
w109-63-3b.jpg
■0-62 mph/0-100kmph : 6.5 seconds
■0-100 mph : 14.6 seconds
■Standing 1/4 mile : 14.3 seconds
■Top Speed : 221 km/h (137.3 mph)
これらは 1967年の数値です・・・

w109-63-4b.jpg

w109-63-2b.jpg

w109-63-1b.jpg

w109-63-6b.jpg

w109-63-7b.jpg

w109-63-8b.jpg

w109-63-5b.jpg



ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのメルセデスベンツモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


アルフィスタ - 2013.12.26 Thu

alfaromeo-1b.jpg

alfaromeo-2b.jpg

alfaromeo-3b.jpg

alfaromeo-6b.jpg

alfaromeo-5b.jpg

alfaromeo-4b.jpg

alfaromeo-7b.png

autodelta-17b.jpg

hsr-daytona2013-11b.jpg

vintage-race-4b.jpg

動画は、Spettacolo Sportivo 2013'の模様です。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのアルファロメオモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




カレラ RSR - 2013.12.25 Wed

Carrera RSR
911carrera-rsr-1b.jpg

911carrera-rsr-2b.jpg

911carrera-rsr-3b.jpg

911carrera-rsr-4b.jpg

動画は、2012' ニュルブルクリンクで開催された24Hクラシックでのポルシェ911RSの車載映像です。
ガルフカラーのRSRもいますね・・・


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックポルシェモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


これ、いいなぁ~ - 2013.12.24 Tue

これ、いいなぁ~
we-like-1b.jpg

we-like-2b.jpg

we-like-3b.jpg

we-like-4b.jpg

we-like-5b.jpg

we-like-6b.jpg

we-like-7b.jpg

we-like-8b.jpg

we-like-9b.jpg

we-like-10b.jpg

we-like-11b.jpg

we-like-12b.jpg

we-like-13b.jpg

we-like-14b.jpg

we-like-15b.jpg

we-like-16b.jpg

we-like-17b.jpg

we-like-18b.jpg

we-like-19b.jpg

we-like-20b.jpg

we-like-22b.jpg

we-like-23b.jpg

we-like-21b.jpg

動画は、2012' Solitude Revival


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックカーラリーモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




WRC 2013’ - 2013.12.20 Fri

WRC 2013'
まずは、WRC 2013年のハイライトをどうぞ


2013年 WRC(世界ラリー選手権)の話題のひとつはVWの参戦
VWがポロR WRCでシリーズにワークスとして参入しました。
rally2013-2b.jpg

rally2013-1b.jpg

rally2013-3b.jpg

もうひとつの話題は、2012年に9連覇を達成したセバスチャン・ローブの引退。
今年はフル参戦ではなくパートタイムの参戦により4戦に出場し、地元のラリー・フランスでWRCから引退。
rally2013-4b.jpg

rally2013-5b.jpg

レース全体では、ラリー・フランスにおいてカタール・ワールドラリーチームのティエリー・ノイビルが序盤のパワーステージで最大得点を得るのに失敗したため、フォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン・オジェがドライバーズタイトルを決定した。
オジェは自身初のタイトル獲得となる。
ノイビルは157ポイントでランキング2位となった。
3位は12ポイント差でオジェのチームメイト、ヤリ=マティ・ラトバラが入った。

マニファクチャラーズタイトルはラリー・カタルーニャでオジェとラトバラが1-2フィニッシュしたことでフォルクスワーゲン・モータースポーツが確定した。
2位はアブダビ・シトロエン・トタル・ワールドラリーチームが、3位はカタール・Mスポーツ・ワールドラリーチームが獲得した。


最後に引退したローブのイメージフィルムをどうぞ


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのラリーモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから





Eタイプ・レーシング - 2013.12.18 Wed

Jaguar E-Type
jaguar-race-9b.jpg
ジャガー Eタイプ
1961年3月のジュネーブショーでデビューしたジャガーEタイプには、「E1A」および「E2A」の2台のプロトタイプが存在した。
 「E1A」は1958年に登場し、形こそEタイプだが、中身はほとんどDタイプ。
性能にはまだまだ調整が必要だった。
jaguar-race-10b.jpg
2年後の1960年に、大幅な改良を加えられたのが「E2A」。
ル・マン24時間レースに突如現れ、時速307キロを記録して当時のサルテ・サーキット最高速を更新、ライバルと観客を大いに驚かせた。
jaguar-race-7b.jpg
 そして「ライトウエイト」。これはEタイプのレースモデルだ。
jaguar-race-4b.jpg
 ジャガーは1957年にワークスとしてのレース活動を一旦終了させたが、ジャガー製レーシングカーに信頼を置いていたプライベーターたちは、レースを戦うマシンとして市販モデルのEタイプに白羽の矢を立てた。
jaguar-race-2b.jpg

jaguar-race-1b.jpg
その動きはとても早く、Eタイプ発表の翌月には、オルトン・パークでのレースを戦うために、サーキットにEタイプの姿があったのである。プライベーターたちの目論みは当たり、結果は見事優勝。市販車ベースのクルマが、レーシングカーに勝ってしまった。
jaguar-race-3b.jpg
そんな光景を歯がゆい思いでずっと見つめていたのは、C、Dタイプを世に送り出したウィリアム・ヘインズである。ヘインズは、Eタイプが高い戦闘力を持つことをとうとうと説き、本社を説得。
ワークス活動復活とまではいかなかったが、Eタイプのコンペティションモデル開発を了承させた。
jaguar-race-8b.jpg
 ヘインズは、徹底的な軽量化をEタイプに施した。ロードスターをベースに、ボディ、エンジン、そして内装などできる限りアルミにして最高速度を押し上げた。最終的にハードトップを載せたEタイプは、12台生産される。これがライトウエイトEタイプだった。
jaguar-race-6b.jpg
このモデルは1963年にサーキットに現れたが、シルバーストーンTTの3位を最高位にセブリング12時間耐久の7、8位、そしてル・マンでは9位など、大きな舞台では思うような成績を残せなかった。時代はすでにフロント・エンジンからミッドシップ・マウントに移行しており、レーシングカーとしては、基本構造からしてすでに大きなハンデを背負っていたのだ。
jaguar-race-11b.jpg
もちろんヘインズがそれを知らなかったわけはない。だが、彼はどうしてもEタイプをサーキットに登場させたかった。ル・マンの観客は、憧れのEタイプがレース場に立つことを待ち望んでいたからだ。Eタイプがその姿を現したとき、サルテ・サーキットは、大歓声に包まれた。(文章は、Jaguar オフィシャル より)
jaguar-race-12b.jpg

動画は、ライトウェイトではなく、クーペモデルをレース用にモディファイしたタイプ・・・

Jaguar E-type Racing from Tim Guiking on Vimeo.



ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




ザ・レーサーズ - 2013.12.17 Tue

The Racers
f1-1b.jpg

f1-2b.jpg



ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのF1・ヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


250GTO - 2013.12.16 Mon

Ferrari 250 GTO
ferrari250gto-6b.jpg
250GTOとは、ロードカーの範疇で250GTをコンペティションバージョンとして発展させた頂点に位置するモデル。フェラーリはレースシーズン前にプレスコンファランスを毎年行いますが、250GTOがその姿を一般の人々の前に初めて現したのは1962年1月の同会場においてでした。
展示されたなかで250GTOは唯一のフロントエンジンのレイアウトを採用していました。
フェラーリのシングルシーターやスポーツレーシングカーはどれもミドシップになっていたのです。
そのときの250GTOにテールスポイラーがありませんでしたが、1962年3月に行われたアメリカのセブリングでレースデビューを飾ったときには装着されていました。
緒戦の12時間レースで、フィル・ヒル/オリヴィエ・ジャンドビアン組が駆る250GTOは、同じフェラーリのスポーツレーシングカー、250テスタロッサに次ぐ総合2位で完走しただけでなく、GTカテゴリーでは楽々と優勝を飾っています。
周囲の人々を感嘆させるデビューパフォーマンスであり、250GTOはこれを第1歩に、その後3年にわたるレーシングヒストリーを築くことになります。
ferrari250gto-3b.jpg
250GTOは250GT“SWB”から派生したモデル。
もとになった250GT “SWB”同様、ホイールベース2400mmのシャシー上にボディを架装していました。
シャシーの組み立ても同じラインに沿っていましたが、250GTOでは一回り細い断面の鋼管を用いており、その代わりにクロスメンバーの数を増やしてねじり剛性を上げていました。
このシャシーはティーポ539/62 Comp.と呼ばれ、後期型はティーポ539/64Comp.と呼ばれるものです。
初期型250GT “SWB”ベルリネッタ同様、4輪にディスクブレーキが備わり、ケーブル作動のパーキングブレーキは後輪に効きます。左右どちらのハンドルも選ぶことができました。
ferrari250gto-7b.jpg
250GTOの開発の初期段階は秘密に包まれていました。
ジャガーEタイプに挑戦して勝てるクルマを開発する役目を託されたのはジオット・ビッザリーニ。
長年にわたる様々なインタビューで、ビッザリーニはこのプロジェクトのベースとして古い250GTボアーノのシャシーを1台渡されたと語っています。
しかし社内の記録には、彼に渡されたのは250GT“パッソ・コルト”のシャシー(シャシーナンバー1791GT)だったと記されています。
ferrari250gto-10b.jpg
1961年9月、イタリアGPに先だってモンツァに現れます。ここで“イル・モストロ(ザ・モンスター)”というニックネームが付きました。
ざっと切り出したパネルを大ざっぱに組んだプロトタイプボディがそう見えたのです。
このテストセッションで、スターリング・モスは250GT“パッソ・コルト”をはるかに上回るレコードタイムを250GTOで記録しました。そんな折、同年11月に、カルロ・キティをはじめとする8人の重役がフェラーリから去るという“クーデター”が起こり、ビッザリーニは気づいてみたら外に放り出されていました。
こうして250GTOのボディの開発はセルジオ・スカリエッティに任されることとなります。
250GTOのボディ最終型を造ったのはスカリエッティなのです。
ferrari250gto-8b.jpg
パワーユニットは、各バンクに1本のカムシャフトを持つジョアッキーノ・コロンボ設計の3リッターV12。
250テスタロッサ仕様と基本的には同じです。
73mm x 58.8mmのボア・ストロークも共通でしたが、潤滑はドライサンプに変更されています。
社内コードネームはティーポ168 Comp/62。プラグはVバンクの外側に配されており、ツインチョークのウェバー38 DCNキャブレターを6基並べました。
ferrari250gto-14b.jpg
点火を受け持つのは2基のコイル、ディストリビューターはエンジンにマウントされており、公表出力は300bhp。エンジンは新型のオールシンクロメッシュ5速ギアボックスと組み合わされ、50年代中盤からフェラーリのスポーツレーシングモデルに採用されたのと同じ、はっきりとゲートが切られたベースプレートからシフトレバーが高々とコクピットにそびえていました。
駆動力はプロペラシャフトを介して、ワッツリンクで吊られたリジッドリアアクスルに伝えられます。
コンペティションに適するように、様々な最終減速比が用意されました。
ferrari250gto-1b.jpg
スカリエッティがデザインし、組み立てたアルミボディのフォルムは1962年から1964年までの生産期間中ほとんど変わりませんでした。なお、250GTOには330LMベルリネッタのスタイルを模したワンオフが1台存在します。
また、シリーズ生産車の最後の3台は、ミドエンジンの250LMスポーツレーシングカーに非常によく似た、ピニンファリーナがデザイン、スカリエッティが組み立てを担当したボディが架装されています。
さらに、初期型のうち4台は1964年に後期型ボディに載せ替えられたことがわかっています。
確かに全体のフォルムは大幅に変わることはありませんでしたが、生産期間中、細部の変更は多岐にわたります。
ferrari250gto-12b.jpg
初期型ボディは小さな楕円形ラジエターオープニングの両側に角形のドライビングライトが付きます。
当初、ブレーキ冷却用ダクトはノーズ下にありましたが、ノーズのドライビングライト横に開いた縦型のブレーキ冷却用スロットに変わっています。
車幅灯はプレキシグラスでカバーされたヘッドライトの下にマウントされています。
リアスポイラーはテールパネルにボルト留めされ、クォーターパネルにキャビン換気用スロットが口を開いています。
ブレーキ冷却用ダクトはまもなく丸形になり、車幅灯はフェンダーサイド部の浅いくぼみに移されました。
これら一連の変更が完了してまもなく、テールスポイラーが同じ断面形状ながらリベット留めとなり、ボディ構造の一部をなすようになっています。
ferrari250gto-11b.jpg
上記の64年型ボディを架装したクルマを別として、生産されたすべての車両にはノーズに“D”の字をしたリッドが3枚付いています。これは4分の1回転させることで脱着ができるファスナーで留められており、ラジエターへの空気流入量を増やすのが目的でした。カバーなしの同型のオープニングがやはり3カ所ノーズパネル下面に反復されています。
64年に本来のボディを架装されたクルマと、ボディを換装されたクルマとの間にも細かな違いがあります。
まずルーフ形状については、長いルーフ、短いルーフに一体型スポイラーが付いたもの、短いルーフでスポイラーのないものが存在します。
ferrari250gto-4b.jpg
次にボンネットについては、ノーズに向かって先細りになる長くてスリムなバルジが付いているものと、冷却口が開いているものとがあります。
レース現役時代に多数のクルマがモディファイを受けており、特に目立つのはフロントフェンダーに開いた3番目の換気スロットです。また、放熱を助けるためにボンネットにルーバーを追加した個体もあります。
こうした大きな違いを別として、個々のクルマには無数の相違点がある。
一段高い“ブリッジ“の上にテールライトをマウントしたクルマがあれば、テールパネルに直づけしたクルマもあるという具合です。
ferrari250gto-13b.jpg
250GTOベルリネッタは、先代モデルである“パッソ・ルンゴ”と“パッソ・コルト”の成功を引き継ぎました。
1962年はメーカー選手権がGTカテゴリーに移行した年ですが、その1962年から1964年までフェラーリはハットトリックを演じているのです。
同クラスでは事実上敵なしで、現役最後の年にようやくACコブラ(はるかに大排気量のV8エンジンを搭載)に捕まえられたにすぎません。
ferrari250gto-9b.jpg
250GTOが国際レースで挙げた成功は枚挙に暇がありませんが、以下にごく一部を列挙します。
・1963年と64年のトゥール・ド・フランスで優勝。
・1962年、63年、1964年のタルガ・フローリオでGTクラス優勝。
・1962年と63年のグッドウッドにおけるツゥーリスト・トロフィで優勝。
・1962年と63年のルマンでGTカテゴリー優勝。
・1963年と64年のニュルブルクリンク1000kmでGTカテゴリー優勝。
ferrari250gto-5b.jpg
250GTOはフェラーリ250GTモデルの究極です。公道でもサーキットでも卓越した性能を発揮しました。
ロードカーとレーシングカーのふたつの目的をもって製作されたおそらく最後のクルマだと思われ、フェラリスタのあいだでは伝説的な存在となっています。
生産台数が36台と比較的少なく、それぞれのクルマが偉大なレースヒストリーを持っているだけに、フェラーリ生産車の象徴であり、今やコレクターから畏敬の目で見られるほどのステータスを獲得しているのです。
                               (文章は Ferrari オフィシャルより)

しかし、先ごろ50億を超える価格で落札されたというのは、異常ですね。。。
                                    
動画は2012年GOODWOOD Revivalの模様です。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのフェラーリ・ヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


ヴィンテージカー イン パリ - 2013.12.13 Fri

Traversee de Paris
traversee-1b.jpg
毎年、1月中旬の朝8時、600台以上のヴィンテージカーが、パリ・ヴァンセンヌ城裏の大広場 Esplanade St-Louis に集合。
traversee-5b.jpg
順番にドメニル通り Rue Daumesnil を出発して、バスチーユ広場、コンコルド広場、シャンゼリゼ大通りなどのパリの名所を疾走して午後3時ごろに再び戻ってくる。
traversee-2b.jpg
パリ横断 TRAVERSEE de PARIS というイベントが、来年も1月12日で14回目が開催予定。
traversee-3b.jpg
古い車は環境汚染の観点から、公道を走るのが通常禁止されているのですが、このイベントは特別。
traversee-8b.jpg
パリ近郊はもとより、イギリスやスイスからも参加者がきているそうです。
traversee-7b.jpg

traversee-6b.jpg

traversee-4b.jpg

動画でもイベントの様子をお楽しみ下さい




ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

フィアット・ディーノ - 2013.12.11 Wed

Fiat Dino Spider
fiat-dino-9b.jpg
フェラーリのV6ディーノ・エンジンを、当時のF2にホモロゲートするために企画されたモデル「FIAT DINO」
(FIA規定により連続する12ヶ月で月500台以上生産という条件を満たすために、フェラーリがディーノ・エンジンを積んだモデルを量産することをフィアットに願い出た)
fiat-dino-6b.jpg
1966年トリノでスパイダーが発表
エンジンがフェラーリ、ボディはピニンファリーナ/ベルトーネ、シャシーは、フィアットが手がけた。
fiat-dino-4b.jpg
低いノーズには、フェラーリと同じ格子状グリル
fiat-dino-10b.jpg
1.5リッター時代の61年から64年までF1で使用されていたアルミブロックのディーノユニットは、2Lまで拡大、ロードカーユースのために160PS/7500rpmまでデチューンされた。
fiat-dino-8b.jpg
2LのDino V6を積むこの美しいスパイダーは1966年から1969年までの4年間に1133台が製造された。
fiat-dino-2b.jpg
fiat-dino-5b.jpg
1969年には、フィアット130と同じ鋳鉄ブロックを使用してクランクシャフトを新設計した2.4Lが登場
パワーも向上、特にトルクが17.5から22mkgとなり、低速での扱いやすさが増した。
また、リアサスペンションが独立式となり、ブレーキも強化された。
fiat-dino-11b.jpg
2.0と2.4の外見上の違いは、フロントグリルが格子のものが2L、上の画像の1本のバーがつくものが2.4L。
fiat-dino-3b.jpg
クーペモデルは1967年のジュネーヴで登場
ベルトーネのデザインのクーペは、華やかなスパイダーに比べて地味なもの。。。
fiat-dino-1b.jpg
こんな素敵なクーペもコンセプトモデルとして製作された。。。

動画は、フィアット・ディーノをこよなく愛するおじさんのお話(Petroliciousより)


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

ブガッティ・ワークショップ - 2013.12.10 Tue

Bugatti Workshop
bugatti-workshop-9b.jpg
Henry Novoさんは、1929年、14才のときからブガティーで働きはじめました。
レーシングメカニックだった彼の仕事は、朝早くから深夜までとてもハードな毎日でした。
bugatti-workshop-10b.jpg
ブガッティーを所有する人たちは、今と同じくとても裕福で教養がありました。
Henryさんは、メカニックとしての腕を磨くのと同じように、彼らオーナーとのより良い関係を築くために、熱心に本や新聞を読み、悪態をついたり、低俗な言葉を使わないように注意しました。
bugatti-workshop-3b.jpg
そうして1920年代から30年代を仕事に没頭したことで、ヨーロッパ中から顧客を得て、彼の技術も向上していきました。
bugatti-workshop-6b.jpg
また女性のお客様がお店を訪問した際には、henryさんが、他の従業員とは違う身なりや応対だったのでたいへん感動されました。
bugatti-workshop-2b.jpg
その後の第二次世界大戦の間、生活は大変厳しいものでした。
bugatti-workshop-12b.jpg

bugatti-workshop-13b.jpg
戦争の後、Henryさんは仕事を独立することを決めました。
しかし、当時、車がまだ普及しておらず、また、所有していた場合も多くのお金を車には使えませんでした。
bugatti-workshop-14b.jpg
それでも、彼はパリに非常に近い場所にガレージを買いました。
bugatti-workshop-5b.jpg
そして、時代は、1960年代の中ごろに、車が増えていくと共にHenryさんの生活も楽になっていきました。
それから多くのヴィンテージカーの愛好家に助けられ、現在の「Garage Novo」は成長していきました。
bugatti-workshop-1b.jpg
Henryさんの息子Jeanは、学校を出ると航空機産業で働き始めました。
しかし、1981年、父の仕事を手伝うために帰ってきました。
bugatti-workshop-11b.jpg
Jeanさんの息子Frédéricは、1992年に会社に加わりました。
これでひとつ屋根の下のワークショップで、3世代が働くことになりました。

2002年にHenryさんが亡くなるまで、彼の知っている多くの知識や技術を孫のFrédéricに教えました。
bugatti-workshop-8b.jpg
そして、父のJeanさんは、2000年にエンジニアを引退しましたが、74歳の今もまだ店で一日を過ごします。
bugatti-workshop-4b.jpg
現在、Frédéricさんが店を経営しています。
仕事の8割りは、ブガッティー・・・1500 Delage やracing Delahayeが今もガレージに置かれています。
さんの下で働く新しい整備士(Willfridさん)は、Porscheに夢中なので、ガレージには、356や初期の911が整備に入っています。
また、時折は、ゴルディーニやフェラーリも訪れます。

お客様は、弁護士や会社経営者、パイロットなどの大変恵まれた方たちです。
bugatti-workshop-7b.jpg
彼らのワークショップは、小さいです。
そこで働いているのは二人だけ。
しかしこれまでに培われた技術を受け継ぐ彼らにかかれば、200馬力のGP Delageもこんなに良い音を響かせます
                              (画像&文は、Petroliciousより)

動画は、Bugatti Type35B


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

アーバンアウトロー - 2013.12.09 Mon

MagnusWalker911
magnus-4b.jpg
ナローポルシェの世界では有名人の MagnusWalker
magnus-1b.jpg
ナローコレクターである彼が、他の多くのコレクターと違うのは、自身でレストアをし、その際にとてもセンスの良いカスタマイズを施すところですね!
magnus-2b.jpg
最近の動画を2点、お楽しみ下さい。




magnus-3b.jpg

ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのポルシェモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

カーガイ - 2013.12.07 Sat

Car Guy

hawk2013-7b.jpg
Vintage car race・・・The Hawk at Road America
hawk2013-6b.jpg

hawk2013-5b.jpg

hawk2013-4b.jpg

hawk2013-9b.jpg

hawk2013-8b.jpg

hawk2013-3b.jpg

hawk2013-2b.jpg

hawk2013-1b.jpg

hawk2013-10b.jpg

ヴィンテージレースの動画をハイライトでどうぞ


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

アウトデルタ - 2013.12.06 Fri

Autodelta
autodelta-16b.jpg
Autodelta(アウトデルタ)
あらゆるクルマ好きの心を刺激してきたブランド
60年代に最も美しく勢いのあったレーシングカーのいくつかを生産。
二人のエンジニア Mr. Carlo Chiti と Mr. Lodovico Chizzola の努力によって作られた伝説的なモータースポーツブランド・・・Autodelta
autodelta-9b.jpg
1963年3月4日プロジェクト105.11(アルファロメオ・ジュリアベースのレーシングカー)の完成によって誕生した Autodelta(1964年のAutodelta S.p.a.になった)は、その頃、ちょうどチューナー以上の存在であった。

クルマは、ザガートのボディをベースに、アルファロメオのメカニカルコンポーネントを使用した、とても美しく驚くべきパフォーマンスの組み合わせだった。
autodelta-8b.jpg

autodelta-2b.jpg

autodelta-15b.jpg
彼らの小さな工場で組み上げられた、ジュリアのGTAシリーズ(1600GTA 1300JuniorGTA GTAm)や、ジュリアTZ, TZ2の輝かしいモータースポーツの記録によりChitiとChizzolaの二人が従来のエンジニアではないことを証明しました。
autodelta-10b.jpg

autodelta-11b.jpg
1966年、アルファロメオに吸収され"Autodelta"として再スタート、アルファロメオのレーシング部門を統括することになりました。また、その後、Autodeltaのバッジは、いくつかのアルファロメオの一般市販車でも使われました。
autodelta-12b.jpg
今年の3月、歴史的なブランドの50年を祝うために、熱心なアルフィスタがAreseの古いアルファロメオ本部に集まりました。
アルファ・クラブ・ミラノ主催によるAutodelta 50周年イベントは、あいにくの雨模様のなかで行なわれました。
autodelta-3b.jpg

autodelta-4b.jpg

autodelta-6b.jpg

autodelta-5b.jpg
歴史的なアルファの果てしない列、この美しいパレードがずっと見ていたい。。。

また、今年の9月22日には、F1も開催されるイタリア・モンツァサーキットでのAutodelta 50周年記念サーキットイベントが開催されました。
autodelta-17b.jpg

autodelta-18b.jpg

autodelta-19b.jpg

動画でもイベントの様子をご覧下さい。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

ランデヴー - 2013.12.05 Thu

Rendez-vous
rendezvous-13.jpg
フランスの巨匠クロード・ルルーシュが監督した「男と女」をご存知でしょうか?
当時、この映画の作風がきわだって新しかったこと、映像で心理描写を美しく描いたことなどから
アカデミー外国映画賞、カンヌ映画祭のグランプリに輝きました。
rendezvous-1.jpg
このクロード・ルルーシュという映画監督は、そうとうな車好き。
rendezvous-2.jpg
1965年に作られた「C'était un Rendez-vous (ランデヴー)」 
この「ランデヴー」はクロード・ルルーシュが身銭を切って個人的に作ったものだと思われます。
なんとたった9分間のドキュメンタリーです。
ストーリーもナレーションもBGMもありません。

映像の一部をご覧下さい。

アメリカの自動車雑誌カーアンドドライバーが「自動車の映画の中で、いままで見たこともない
最高のものの一つ」と評しています。
rendezvous-3.jpg
たった9分間のこの映画は、どんなコンピュータグラフィックで作られたものをもはるかに凌いでいます。
rendezvous-4.jpg
やらせではなくて現実の映像なんだということを説明しなくても誰でもわかるからです。
36年前といえば、全てがアナログの時代だったのです。
rendezvous-10.jpg
クロード・ルルーシュの自分の車フェラーリ275GTBのフロントノーズに撮影カメラを取り付け、
早朝のパリ、凱旋門を正面に見える場所から、アクセル全開でスタートします。
それだけを聞けば、なんだと思うでしょう。しかし、見ればどんな人も言葉を失います。
このフェラーリはアクセルをゆるめません。
rendezvous-6.jpg
赤信号であろうが、通行人が横切ろうが、前方をバスや車がふさごうが、この9分間一度も止まりません。
アクセルを踏みつづけていることは響きわたるV12サウンドとカメラが物語っていますし、
一応計画されたコースを走るつもりだったのでしょうが、その場の状況でアドリブでコースを変えているのが伝わってきます。
rendezvous-7.jpg
監督のクロード・ルルーシュは紛れもなく鬼才+奇才です。
rendezvous-8.jpg
このフェラーリを運転したのはモーリス・トランティニアン。
1955年モナコGPでフェラーリで優勝のトップランクのF1ドライバー。
だからこそ無謀なことができたのでしょう。
rendezvous-12.jpg
この作品の影響を受けたパリのクルマ好きが、映像と同じ時間帯、同じコースを駆け巡るショートラリーを企画しました。
rendezvous-11.jpg
日曜日の朝、午前5時00分、クロード・ルルーシュが映画のために撮影した通りを通って、パリ中心部プレイス・ビクター・ユゴーで6:45に再び出会う。
rendezvous-8.jpg
まだ日の昇っていない真っ暗な町に集まったクルマは、C-Type Jaguar , Testarossas, AC Cobras 289s, a Pantera GTS, Porsche356, Mini Cooper S, Mercedes190 SL, Alfa Bertone, 550 Maranellos・・・
rendezvous-9.jpg

rendezvous-5.jpg
                                 (画像はすべてPetroliciousより)

ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

クラシック サファリ - 2013.12.04 Wed

East African Classic Safari Rally
safari2013-1b.jpg
2002年,WRCのカレンダーからサファリラリーが消えた後、Mike Kirkland や Surinder Thatthi のラリーエンスージアストによって、ノスタルジック・サファリラリーの再現が企画されました。
safari2013-2b.jpg
プランは、出場車は、1974年以前のサファリラリーに出場したヒストリックラリーカーとする。
(パワフルなターボカーや、4WDモデルは含まれない)
safari2013-3b.jpg
ステージやセクションは、長い距離とし、資金力によってレースが左右されることがないように、サービスクルーの人数制限や期間を短く設定する。
safari2013-4b.jpg
2003年12月、第一回East African Classic Safari Rallyは開催されました。
初回は、53台のエントリーがあり、10日間でケニア、ウガンダ、タンザニアと5000km以上を走破しました。
safari2013-5b.jpg
その後、イベントは、2年毎に開催、今年は、11月21-29日の期間、ケニアのモンバサをスタート&フニッシュ地点として、のべ4100km、16の国から60台のエントリーによって行なわれました。
safari2013-6b.jpg
出場車両は、約半数がポルシェ911、続いて多いのが、ダットサン240/260のZとフォード エスコート、めずらしいところでは、フェラーリ308や、コルベット、マツダRX7など・・・
safari2013-7b.jpg

safari2013-8b.jpg

safari2013-9b.jpg

safari2013-10b.jpg

safari2013-11b.jpg

safari2013-12b.jpg

safari2013-13b.jpg

safari2013-14b.jpg
優勝は Ian Duncan/Amaar Slatch組のフォード カプリ

2011'のオフィシャル映像です。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックラリーモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


モンツァ ラリーショー - 2013.12.03 Tue

Monza Rally Show
monza-rallyshow2013-1b.jpg monza-rallyshow2013-2b.jpg
11月22-24日、イタリアのモンツァサーキットで行われたラリーの祭典「Monza Rally Show」
ラリーカーが、サーキットでレースを行なう、ドライバーは、ラリードライバーだけでなく、いろんなモータースポーツのトップドライバーも参加して、17のステージで争う競技です。
ラリー好きで知られるイタリアのMotoGPライダー、バレンティーノ・ロッシが毎年参加するイベントとしても知られており、今年も総合2位の結果に輝いています。

ハイライトムービーをどうぞ



このMonza Rally Showで 今年からヒストリック部門が設けられました。
1972'から1985'の間にラリーで戦ったモデル、例えば、Fiat131 Abarths、Porsche 911、Ferrari308・・・などが参加しました。
monza-rallyshow2013-5b.jpg
参加した往年・現役のトップドライバーたち
Alessandro Zanardi, Colin McRae, Dani Sordo, Dindo Capello, Giancarlo Fisichella, Ivan Capelli, Jean Alesi,
Loris Capirossi, Marku Alen, Markus Gronholm, Michele Alboreto, Miki Biasion, Valentino Rossi, Sebastien Loeb・・・

参加したヒストリックラリーカーたち
monza-rallyshow2013-3b.jpg

monza-rallyshow2013-4b.jpg

monza-rallyshow2013-6b.jpg

monza-rallyshow2013-10b.jpg

monza-rallyshow2013-7b.jpg

monza-rallyshow2013-8b.jpg

monza-rallyshow2013-9b.jpg

monza-rallyshow2013-11b.jpg

monza-rallyshow2013-12b.jpg

monza-rallyshow2013-13b.jpg


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックラリーモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

ラリー黄金時代 - 2013.12.02 Mon

The Golden Age of Rallying
valpantena2013-12b.jpg
あなたは、ラリーが、数あるモータースポーツのなかで最も輝いていた時期があったのを覚えていますか?
あのとても魅力的で、技術の粋をあつめたフォーミュラー1よりも有名であった時・・・
valpantena2013-11b.jpg
ラリーはモータースポーツのなかでももっとも危険なものであると考えられていました。
砂利、泥、雪などのいろんな道路コンディション、すぐ側に何千人もの見物人・・・
そんな中で500馬力のモンスターが、150km/h以上のスピードでクルマをドリフトさせながら格闘するスポーツ
valpantena2013-10b.jpg
70’~80’年代のラリードライバーは、だれもが英雄でした。
Sandro Munari, Walter Rohrl, Henri Toivonen, Markku Alen, Stig Blomqvist, Ari Vatanen
彼らに共通する単語は、「勇敢さ」
valpantena2013-9b.jpg
クルマは、4WDに、ターボチャージャーやスーパーチャージャー・・・最後は、どっちも付けたスーパーロケット
valpantena2013-8b.jpg
10月17-19日の間、イタリア北部ベローナで開催された、Rally Club Valpantenaは、ゴールデンエイジといわれた70-80年代のモンスターマシンが多数参加する「リバイバル・ラリーイベント」です。
valpantena2013-7b.jpg
Lancia Stratos
valpantena2013-6b.jpg
Lancia Stratos
valpantena2013-5b.jpg
Fiat Ritomo 75
valpantena2013-4b.jpg
BMW E30 M3
valpantena2013-3b.jpg
Datsun 240Z
valpantena2013-2b.jpg
Fiat 131 Abarth
valpantena2013-1b.jpg
Lancia S4                    (画像はすべてTrackinvadersより)

動画でもイベントの様子をご覧下さい。


もうひとつどうぞ


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックラリーモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

ヒストリックレース - 2013.12.01 Sun

Historic Race
ヒストリックカーならではの郷愁・・・
色褪せる事の無い情熱と純粋なドライビングフィール・・・
長い歳月を経て蘇ったサウンドを咆哮させトラックへ飛び出す・・・


9月にベルギーで開催された「Spa Six Hours」のパドック&ピットロードからの風景をどうぞ
spa-six2013-1b.jpg
Ford GT40
spa-six2013-2b.jpg
Chevolet Corvette
spa-six2013-3b.jpg
1968' Lola T70 MK3
spa-six2013-4b.jpg
John Player Special Line-up
spa-six2013-5b.jpg
Austin Healey 3000
spa-six2013-6b.jpg
1962' Lotus 24 942
spa-six2013-7b.jpg
1968' AlfaRomeo Tipo 33/2
spa-six2013-8b.jpg
1962' Lotus 24 942
spa-six2013-9b.jpg
1960' Lotus 18 912
spa-six2013-10b.jpg
Jaguar XJ12
spa-six2013-11b.jpg
Ford Mustang
spa-six2013-12b.jpg
1976' Penske PC3
spa-six2013-13b.jpg
1974' Brabham BT42
spa-six2013-14b.jpg
Ford GT40
spa-six2013-15b.jpg
Jaguar E-Type
spa-six2013-16b.jpg
Spa-Francorchamps
spa-six2013-17b.jpg
2013' Spa Six Hours             (画像はすべて Sport Car Digestより)

2013' Spa Six Hoursでの 希少なFerrari 250SWBの車載映像です。
ドライバーは、ドイツ人レーサー Patrick Simon わずか4ラップで45位から21位までごぼう抜きのドライビングをどうぞ・・・


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックレースモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ガレージエイト

Author:ガレージエイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
イベント (174)
スクープ (1)
コレクション (9)
カーインプレッション (1)
はたらく車 (1)
ポルシェ (104)
シトロエン (25)
スーパーセブン (10)
チューニング (2)
その他 (67)
スーパーカー (32)
ジャガー (18)
メルセデスベンツ (10)
アルファロメオ (49)
モータースポーツ (95)
マクラーレン (7)
ランボルギーニ (21)
アストンマーチン (7)
フェラーリ (53)
ルノー (9)
アルピーヌ (15)
プジョー (4)
ミニ (15)
ロータス (8)
アメリカ (29)
BMW (22)
VW (11)
日本車 (12)
フォード (10)
アバルト (3)
ブガッティ (5)
マセラッティ (4)
フィアット (6)
フランス車 (3)
ムービー (2)
ランチア (9)
イギリス車 (14)
イタリア車 (5)
アウディ (1)
ボルボ (2)
ミニカー (1)

PR

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR