FC2ブログ
topimage

2020-02

250GTO - 2013.12.16 Mon

Ferrari 250 GTO
ferrari250gto-6b.jpg
250GTOとは、ロードカーの範疇で250GTをコンペティションバージョンとして発展させた頂点に位置するモデル。フェラーリはレースシーズン前にプレスコンファランスを毎年行いますが、250GTOがその姿を一般の人々の前に初めて現したのは1962年1月の同会場においてでした。
展示されたなかで250GTOは唯一のフロントエンジンのレイアウトを採用していました。
フェラーリのシングルシーターやスポーツレーシングカーはどれもミドシップになっていたのです。
そのときの250GTOにテールスポイラーがありませんでしたが、1962年3月に行われたアメリカのセブリングでレースデビューを飾ったときには装着されていました。
緒戦の12時間レースで、フィル・ヒル/オリヴィエ・ジャンドビアン組が駆る250GTOは、同じフェラーリのスポーツレーシングカー、250テスタロッサに次ぐ総合2位で完走しただけでなく、GTカテゴリーでは楽々と優勝を飾っています。
周囲の人々を感嘆させるデビューパフォーマンスであり、250GTOはこれを第1歩に、その後3年にわたるレーシングヒストリーを築くことになります。
ferrari250gto-3b.jpg
250GTOは250GT“SWB”から派生したモデル。
もとになった250GT “SWB”同様、ホイールベース2400mmのシャシー上にボディを架装していました。
シャシーの組み立ても同じラインに沿っていましたが、250GTOでは一回り細い断面の鋼管を用いており、その代わりにクロスメンバーの数を増やしてねじり剛性を上げていました。
このシャシーはティーポ539/62 Comp.と呼ばれ、後期型はティーポ539/64Comp.と呼ばれるものです。
初期型250GT “SWB”ベルリネッタ同様、4輪にディスクブレーキが備わり、ケーブル作動のパーキングブレーキは後輪に効きます。左右どちらのハンドルも選ぶことができました。
ferrari250gto-7b.jpg
250GTOの開発の初期段階は秘密に包まれていました。
ジャガーEタイプに挑戦して勝てるクルマを開発する役目を託されたのはジオット・ビッザリーニ。
長年にわたる様々なインタビューで、ビッザリーニはこのプロジェクトのベースとして古い250GTボアーノのシャシーを1台渡されたと語っています。
しかし社内の記録には、彼に渡されたのは250GT“パッソ・コルト”のシャシー(シャシーナンバー1791GT)だったと記されています。
ferrari250gto-10b.jpg
1961年9月、イタリアGPに先だってモンツァに現れます。ここで“イル・モストロ(ザ・モンスター)”というニックネームが付きました。
ざっと切り出したパネルを大ざっぱに組んだプロトタイプボディがそう見えたのです。
このテストセッションで、スターリング・モスは250GT“パッソ・コルト”をはるかに上回るレコードタイムを250GTOで記録しました。そんな折、同年11月に、カルロ・キティをはじめとする8人の重役がフェラーリから去るという“クーデター”が起こり、ビッザリーニは気づいてみたら外に放り出されていました。
こうして250GTOのボディの開発はセルジオ・スカリエッティに任されることとなります。
250GTOのボディ最終型を造ったのはスカリエッティなのです。
ferrari250gto-8b.jpg
パワーユニットは、各バンクに1本のカムシャフトを持つジョアッキーノ・コロンボ設計の3リッターV12。
250テスタロッサ仕様と基本的には同じです。
73mm x 58.8mmのボア・ストロークも共通でしたが、潤滑はドライサンプに変更されています。
社内コードネームはティーポ168 Comp/62。プラグはVバンクの外側に配されており、ツインチョークのウェバー38 DCNキャブレターを6基並べました。
ferrari250gto-14b.jpg
点火を受け持つのは2基のコイル、ディストリビューターはエンジンにマウントされており、公表出力は300bhp。エンジンは新型のオールシンクロメッシュ5速ギアボックスと組み合わされ、50年代中盤からフェラーリのスポーツレーシングモデルに採用されたのと同じ、はっきりとゲートが切られたベースプレートからシフトレバーが高々とコクピットにそびえていました。
駆動力はプロペラシャフトを介して、ワッツリンクで吊られたリジッドリアアクスルに伝えられます。
コンペティションに適するように、様々な最終減速比が用意されました。
ferrari250gto-1b.jpg
スカリエッティがデザインし、組み立てたアルミボディのフォルムは1962年から1964年までの生産期間中ほとんど変わりませんでした。なお、250GTOには330LMベルリネッタのスタイルを模したワンオフが1台存在します。
また、シリーズ生産車の最後の3台は、ミドエンジンの250LMスポーツレーシングカーに非常によく似た、ピニンファリーナがデザイン、スカリエッティが組み立てを担当したボディが架装されています。
さらに、初期型のうち4台は1964年に後期型ボディに載せ替えられたことがわかっています。
確かに全体のフォルムは大幅に変わることはありませんでしたが、生産期間中、細部の変更は多岐にわたります。
ferrari250gto-12b.jpg
初期型ボディは小さな楕円形ラジエターオープニングの両側に角形のドライビングライトが付きます。
当初、ブレーキ冷却用ダクトはノーズ下にありましたが、ノーズのドライビングライト横に開いた縦型のブレーキ冷却用スロットに変わっています。
車幅灯はプレキシグラスでカバーされたヘッドライトの下にマウントされています。
リアスポイラーはテールパネルにボルト留めされ、クォーターパネルにキャビン換気用スロットが口を開いています。
ブレーキ冷却用ダクトはまもなく丸形になり、車幅灯はフェンダーサイド部の浅いくぼみに移されました。
これら一連の変更が完了してまもなく、テールスポイラーが同じ断面形状ながらリベット留めとなり、ボディ構造の一部をなすようになっています。
ferrari250gto-11b.jpg
上記の64年型ボディを架装したクルマを別として、生産されたすべての車両にはノーズに“D”の字をしたリッドが3枚付いています。これは4分の1回転させることで脱着ができるファスナーで留められており、ラジエターへの空気流入量を増やすのが目的でした。カバーなしの同型のオープニングがやはり3カ所ノーズパネル下面に反復されています。
64年に本来のボディを架装されたクルマと、ボディを換装されたクルマとの間にも細かな違いがあります。
まずルーフ形状については、長いルーフ、短いルーフに一体型スポイラーが付いたもの、短いルーフでスポイラーのないものが存在します。
ferrari250gto-4b.jpg
次にボンネットについては、ノーズに向かって先細りになる長くてスリムなバルジが付いているものと、冷却口が開いているものとがあります。
レース現役時代に多数のクルマがモディファイを受けており、特に目立つのはフロントフェンダーに開いた3番目の換気スロットです。また、放熱を助けるためにボンネットにルーバーを追加した個体もあります。
こうした大きな違いを別として、個々のクルマには無数の相違点がある。
一段高い“ブリッジ“の上にテールライトをマウントしたクルマがあれば、テールパネルに直づけしたクルマもあるという具合です。
ferrari250gto-13b.jpg
250GTOベルリネッタは、先代モデルである“パッソ・ルンゴ”と“パッソ・コルト”の成功を引き継ぎました。
1962年はメーカー選手権がGTカテゴリーに移行した年ですが、その1962年から1964年までフェラーリはハットトリックを演じているのです。
同クラスでは事実上敵なしで、現役最後の年にようやくACコブラ(はるかに大排気量のV8エンジンを搭載)に捕まえられたにすぎません。
ferrari250gto-9b.jpg
250GTOが国際レースで挙げた成功は枚挙に暇がありませんが、以下にごく一部を列挙します。
・1963年と64年のトゥール・ド・フランスで優勝。
・1962年、63年、1964年のタルガ・フローリオでGTクラス優勝。
・1962年と63年のグッドウッドにおけるツゥーリスト・トロフィで優勝。
・1962年と63年のルマンでGTカテゴリー優勝。
・1963年と64年のニュルブルクリンク1000kmでGTカテゴリー優勝。
ferrari250gto-5b.jpg
250GTOはフェラーリ250GTモデルの究極です。公道でもサーキットでも卓越した性能を発揮しました。
ロードカーとレーシングカーのふたつの目的をもって製作されたおそらく最後のクルマだと思われ、フェラリスタのあいだでは伝説的な存在となっています。
生産台数が36台と比較的少なく、それぞれのクルマが偉大なレースヒストリーを持っているだけに、フェラーリ生産車の象徴であり、今やコレクターから畏敬の目で見られるほどのステータスを獲得しているのです。
                               (文章は Ferrari オフィシャルより)

しかし、先ごろ50億を超える価格で落札されたというのは、異常ですね。。。
                                    
動画は2012年GOODWOOD Revivalの模様です。


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのフェラーリ・ヴィンテージモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから
※ただいまホームページ移転準備中
  準備期間中、更新が滞っていますが、ご注文は、従来どおり承っています

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから


ザ・レーサーズ «  | BLOG TOP |  » ヴィンテージカー イン パリ

プロフィール

ガレージエイト

Author:ガレージエイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
イベント (174)
スクープ (1)
コレクション (9)
カーインプレッション (1)
はたらく車 (1)
ポルシェ (104)
シトロエン (25)
スーパーセブン (10)
チューニング (2)
その他 (67)
スーパーカー (32)
ジャガー (18)
メルセデスベンツ (10)
アルファロメオ (49)
モータースポーツ (95)
マクラーレン (7)
ランボルギーニ (21)
アストンマーチン (7)
フェラーリ (53)
ルノー (9)
アルピーヌ (15)
プジョー (4)
ミニ (15)
ロータス (8)
アメリカ (29)
BMW (22)
VW (11)
日本車 (12)
フォード (10)
アバルト (3)
ブガッティ (5)
マセラッティ (4)
フィアット (6)
フランス車 (3)
ムービー (2)
ランチア (9)
イギリス車 (14)
イタリア車 (5)
アウディ (1)
ボルボ (2)
ミニカー (1)

PR

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR