FC2ブログ
topimage

2019-10

パーパスビルドマシン - 2015.05.21 Thu

Lancia Stratos
stratos-7b.jpg
ランチア ストラトスとはランチアが作ったスポーツカー。
世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発された史上初のパーパスビルドカー
stratos-1b.jpg
1970年トリノ・ショーでベルトーネ社よりプロトタイプのストラトス(成層圏の意/造語)・ゼロが登場した。
ランチアはフルビアの後、WRCで勝利するためのマシンが必要だった為、ベルトーネと共同開発することになり 1972年に幾多の改良を行いプロトタイプとしてWRC(ツール・ド・コルス)に初参戦した。その2年後、正式に ホモロゲーション(グループ4)を取得し市販モデルとして参戦とすると 74・75・76年と3年連続メイクスタイトル を獲得する。
ワークスチームでの参戦は76年が最後になったが、これは親会社の FIAT社が131RALLYでの参戦を決めた為である。
プライベートチームとしては81年ツール・ド・コルスが最後の優勝となる。
stratos-3b.jpg
WRC以外のレースにも積極的に参戦し、76年ジーロ・デ・イタリア優勝 76年ル・マン24時間耐久クラス優勝など そのポテンシャルの高さは証明された。
stratos-4b.jpg
特徴的な極端に短いホイールベース(2180㎜)とワイドトレッド(F1430㎜/R1460㎜)は直進性よりも コーナリングを優先させ、パワーユニットにはディノエンジン(V6/2418cc)が採用され中低速重視のラリー用のセッティングでギアはかなりクローズドレシオに設定されている為、発進での加速はディノを上回った。
stratos-5b.jpg
豪華さが目的ではなく、ウインドウに反射しないようにスエードが多用されたインテリアは、すべてがドライバー優先にレイアウトされ、スイッチ類もシンプルで操作性が追求されている。
stratos-2b.jpg
ボディはコンパクトだが、左右に余裕があり、高さも180cmの人間がヘルメットをかぶっても支障ないように設計されている。というのも、当時のランチアのエース・ドライバーであるサンドロ・ムナーリの身長が180cmあり、開発当初から彼の意見を取り入れて作られているため。
stratos-6b.jpg
ラリースペシャルとして開発されたストラトスはその期待通りの活躍でランチアをラリーの名門と決定付けたマシンである。
                                                 (文は四国自動車博物館ほかより)
stratos-8b.jpg

動画は2点・・・
1、昨年のヒストリックラリーに出場した車載映像です・・・


2、1975'-76'のラリーシーンから


ミニカーショップ ガレージエイトでは、たくさんのヒストリックモデルが
皆様のご来店を心よりお待ちしています こちらから

※アマゾンにもセール品を多数出店しています・・・「ガレージエイト」で検索して下さい

ブログランキングに参加しています。
いいね!と思っていただけたら
お帰りに、ワンクリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

ミニカーショップ ガレージエイトのホームページは こちらから

■姉妹店 布小物雑貨「Paty Kobe」のホームページは こちらから




峠・カリフォルニア «  | BLOG TOP |  » ヒルクライム

プロフィール

ガレージエイト

Author:ガレージエイト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
イベント (174)
スクープ (1)
コレクション (9)
カーインプレッション (1)
はたらく車 (1)
ポルシェ (104)
シトロエン (25)
スーパーセブン (10)
チューニング (2)
その他 (67)
スーパーカー (32)
ジャガー (18)
メルセデスベンツ (10)
アルファロメオ (49)
モータースポーツ (95)
マクラーレン (7)
ランボルギーニ (21)
アストンマーチン (7)
フェラーリ (53)
ルノー (9)
アルピーヌ (15)
プジョー (4)
ミニ (15)
ロータス (8)
アメリカ (29)
BMW (22)
VW (11)
日本車 (12)
フォード (10)
アバルト (3)
ブガッティ (5)
マセラッティ (4)
フィアット (6)
フランス車 (3)
ムービー (2)
ランチア (9)
イギリス車 (14)
イタリア車 (5)
アウディ (1)
ボルボ (2)
ミニカー (1)

PR

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR